転職時期とメリットの関係性とは!?転職活動に生かそう!

転職時期とメリットの関係性とは!?転職活動に生かそう!

29view

2018.09.12

転職時期とメリットの関係性

転職時期によってメリットは異なる

転職時期によって、発生するメリット・デメリットはそれぞれ異なります。一概に、この時期に転職活動をした方が良いと言い切れないのが事実です。ただ、各時期のメリットとデメリットを把握しておくことで、円滑に転職活動を進めることは可能です。次の章では、各転職時期のメリットとデメリットを見てみましょう。

転職時期のメリットとデメリットを見てみよう

ここでは、時期を4つに分けて各メリット・デメリットを紹介します。

3月~4月

3月~4月は、比較的求人がたくさん出る時期です。なぜなら、定年退職をする人が多い時期だからです。新卒採用のみで定年退職者分の枠を埋めることができれば良いのですが、会社によって新卒採用だけでは人員が埋まらない場合もあります。しかも新卒者の場合、仕事に関するスキルを持っている人も少ないため、経験者(中途)採用をするのです。

ただ、転職活動をする人も多いため人気がある企業だと内定をもらうのは難しいです。内定をもらえる可能性は広がる分、ライバルとの競争も起こりやすい時期だと思っておくと良いでしょう。

9月~10月

この時期も、比較的求人は多いです。7月から8月にかけて「夏のボーナスをもらった後に辞める」人が多い会社は、9月~10月も人材を募集します。また、新卒採用を募集したにもかかわらず人員が集まらなかった企業も、ここで中途採用に力を入れる傾向が強いでしょう。

1月~2月

1月~2月は、正直求人数は少ないです。確かに、12月のボーナスをもらって退職する人はいますが、3月~4月の採用が控えているため、中途採用を積極的にアピールする会社は少ないと思った方が良いでしょう。ただ、その分転職活動者は求人を絞りやすいはずです。

求人数が少ない時期だからこそ、自身と相性が合う会社を見極めやすいというのもあります。ただ、この時期はインフルエンザが猛威を振るっているので予防はしっかりと行いましょう。

それ以外の時期

それ以外の時期については、企業が頻繁に求人を発行しない時期なので転職活動者の数も少ないでしょう。そのため、人によってはスムーズに転職先が見つかるかもしれません。ただ、内定をもらった1カ月後に本命だった会社の求人が出ることもあります。慎重に転職活動を行うようにしてください。

転職する時期は決めるポイント

転職を考えるタイミングは、人によって異なる

転職に最適なタイミングは、人によって違います。この章では、何を基準にして転職のタイミングを見極めれば良いかを紹介します。

年齢がどうか?

年齢は大事です。例えば、20代前半での転職活動であれば、仕事に関するスキルがなくても性格やコミュニケーション能力、学歴などで採用してもらえるかもしれません。しかし、40代ともなると管理職の求人が増えるため、前職での管理職の経験有無や部下への指導力、マネジメント能力の有無などを判断に合否が決まるケースも多いです。

自分の年齢で転職活動をすると、どのような基準で人事担当者から見られるのか考えた上で職探しをしてください。

生活環境はどうか?

生活環境も大きな割合を占めます。会社によっては「育児中の女性は採用しない」「結婚をしている人しか採用できない」など、細かく設定してあるケースもあります。公に公表しなくても、内部で取り決めが交わされている可能性もあるのです。

もし、子育てをしている方であれば「育児中の方が多く働いていたり、社内に託児施設が設置されている会社」を選ぶなどの工夫をすると、転職先も見つかりやすいでしょう。

景気

不景気だと求人数は減る傾向が強く、好景気だと求人数は増えやすいです。また、業界のなかには景気が悪いからこそ求人数が増えるケースもあります。そのため、本や新聞などで景気動向を確認したうえで転職活動のスケジュールを立てていただきたいです。建設業界・飲食業界などは人材が集まりづらいので、狙い目かもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る