転職希望者のための募集広告が出回る時期はいつくらいなのかを知る

転職希望者のための募集広告が出回る時期はいつくらいなのかを知る

7view

2018.09.12

求人広告は3月や9月によく打たれる

「転職をしたい」と考える人にとって、「時期」は非常に大きなポイントになってきます。求人数や募集広告が増えるタイミングについて知っておきましょう。

企業の多くは、3月に積極的に募集広告を出します。統計をとっているサイトによっては「2月に多くなる」「4月に多くなる」としているところもありますが、その場合でも、3月がもっとも求人数が多い月であることは共通しています。

3月に求人広告が増えるのには、明確な理由があります。日本では3月を年度末、4月を新年度とする考え方が一般的です。このため、4月からの新体制に合わせて、年度末である3月に募集をかけるわけです。この時期に採用を決めることができれば、4月から新しい職場あるいは新しい研修先に就くことができます。

新卒採用者の多くが4月からスタートを切りますが、これは中途採用者(転職者)でも同じだといえるでしょう。

そのため、素直に考えるのであれば、この時期に転職活動を行うのがよい、ということになります。企業からの募集が積極的に行われるため、選択肢も広がります。また、この時期にしか募集をかけない企業もあるため、注視することが求められます。

もっとも、この時期は同じように考えて転職活動にいそしむ人が多いのも事実です。ライバルに勝つためには、当然しっかりした下準備も求められます。履歴書の整理や面接の準備などは1月、遅くても2月くらいには行うのが望ましいといえます。求人広告が出された時点でスムーズに動けるように、きちんと準備をしておきましょう。

また、9月も募集が多くなる時期です。新年度といえば4月ではありますが、10月は下半期の始まるタイミングです。これに合わせて、9月くらいから求人広告を出す会社も多く見られます。またこの時期の場合、新卒者の指導とばらして業務を教えていけるため、企業側にもメリットが多いのです。

新卒者の教育がある程度落ち着いた段階で中途採用者(転職者)向けの求人広告を打ち出してくる企業もありますから、3月と合わせて、9月の求人情報も精査していきたいものです。

ほかの時期でも転職活動はできる

3月や9月は、転職をする人にとって一つのポイントとなる時期です。しかし、「この時期を逃してしまったら転職ができない」というものでもありません。
企業のなかには、

  • 一年を通して求人広告を出している
  • 人員が足りなくなった時点で求人広告を出す
  • 自社や業界の繁忙期が終わってから、落ち着いて求人広告を出す

としているところもあるからです。このような企業の場合は、3月・9月とは異なるタイミングで募集をかけます。

「転職はしたいけれど、いつまでに、とは決めていない」「今の会社にも不満はないので、よりよい求人広告が出た時点で転職を考えたい」という人の場合は、特にこの点に気を付けたいものです。

また、3月や9月はたしかに求人情報が多く出回る時期です。しかしその分ライバルも多いので、あえてこの時期を外して転職活動を進めるのも一つの手です。特に、5月あたりの求人は注視したいものです。

新卒・転職者の採用が多かった4月を経て5月に募集をかけている企業は、「一刻も早く人手が欲しい。そのために求人広告を打っている」というところが多く見られるからです。このため、転職活動もスピーディーに進む可能性が高くなります。

自分自身の能力や実績が高ければ、転職活動は有利に進められます。そのため、資格などを取得することも有用です。ただどれほど能力が高くても、自分が就きたいと思う会社からの求人がかかっていなければ転職することはできません。転職情報が出回る時期を知り、それに合わせた転職活動をしていくことは非常に重要なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る