どちらがいい?転職活動の時期は在職時?それと退職後?

どちらがいい?転職活動の時期は在職時?それと退職後?

41view

2018.09.12

在職時、退職後それぞれのメリット

在職時のメリットとは

転職を考えた人が最初に直面する問題。それが、転職活動をいつ行うのか?という問題です。会社に在籍したまま転職活動を行うのか?退職してから行うのか?どちらにも、それぞれのメリットとデメリットが存在します。

そこで、まずは在職したまま転職活動を行うメリットについて紹介したいと思います。
最も大きなメリットは収入面にあります。在籍したままなので、毎月の給料をもらい続けることができます。経済的な不安がないというのは、精神的にもゆとりが生まれます。

さらに、万が一思うような転職先が見つからない場合には、現職にとどまることもできるので、経済的にも時間的にも安心した気持ちで転職活動に取り組むことができます。

退職後のメリット

続いて、退職してから転職活動を行うメリットについて紹介していきます。

最も大きなメリットは、転職活動の時間を充分に確保できる点です。転職活動をきっかけに、自分を見つめ直すことは、その後の転職活動に大きく役に立ちます。在職したままだと、ゆっくりと自分を見つめ直す時間を確保することが難しくなります。退職して時間を確保することによって、しっかりとした準備ができるのです。

また、時間を確保できるということは、その時間を使って自分のスキルアップを目指せるということ。スキルアップのために資格取得を目指して勉強するといった使い方もできますし、今ある知識を更に深めるために勉強しておくという使い方もできます。このような時間の使い方ができるという点は、転職活動において大きな武器になるでしょう。

在職時、退職後それぞれのデメリット

在職時のデメリットとは

在職したまま転職活動を行う場合と、退職してから、転職活動を行う場合のそれぞれのメリットを紹介してきました。

そこで、続いてはそれぞれのデメリットについて紹介していきたいと思います。在職したまま、転職活動を行うデメリットは以下のようなものがあります。

  • 時間の確保が難しい
  • 準備時間が少ないため、納得がいく活動が難しい
  • 入社時期や退職時期が合わない可能性がある
  • 収入が止まるわけではないので、現状に流されがちになる

なんといっても、一番のデメリットは時間の確保が難しい点にあります。時間がないから準備ができない。準備ができないから、納得がいく転職活動ができない。経済的な部分で追い詰められているわけでもないので、ずるずると無駄に時間を過ごしてしまう。在職したまま転職活動を行うと、このような状態になってしまう危険性が高くなります。

退職後のデメリットとは

続いて、退職してから転職活動を行った時のデメリットについて紹介したいと思います。
退職してから転職活動を行うデメリットは以下のようなものがあります。

  • 安定的な収入が途絶える
  • 活動が長引いてしまった時の心労が大きい
  • 経済面での不安があるので、転職先を妥協してしまう場合がある
  • 活動が長引くと、無職期間が長くなるので長引けば長引くほど不利になる

一番のデメリットは、安定した収入がなくなる点です。経済的な安定がなくなるということは、精神的な負担が増えることにもつながります。失業保険などの収入があるかもしれませんが、それも一時的なものなので、支給される残り月が減っていくごとに、精神的な負担も大きくなってきます。

このような状態で転職活動を行うと、不採用が続いた時転職先を妥協してしまう場合もあります。結果的に転職しなければよかったとなってしまいかねません。

転職活動をする時、在職したままするのか?退職してから行うのか?この問題は多くの転職希望者を悩ませる問題でもあります。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分に合った方法を選ぶことが大切になってきます。失敗しない転職。それには、自分に合った方法を選ぶ必要があるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る