転職活動を行う時期は在職中と退職後のどちらがよいか?

転職活動を行う時期は在職中と退職後のどちらがよいか?

37view

2018.09.12

在職中と退職後のどちらにもメリットがある

在職中に転職活動をするメリット

転職活動で具体的な行動を起こすとき、在職のまま行うのがよいか、退職してから行うのがよいか、その時期が気になるところです。まず、在職中に転職活動をするメリットを確認しておきます。

生活の基盤を確保できる

転職を考えるとき、いちばん重要になるのが経済的な問題です。在職したまま転職活動を行えば、現職の給料によって生活の基盤を維持できる点が大きなメリットだといえます。

また、職がないという事態を避けることができるため、転職先をじっくりと選別する余裕も生まれます。焦って後悔する可能性を減らすことができるのも、転職活動の時期を在職中とするメリットのひとつです。

転職をやめることも可能

転職活動では、自分が望むような転職先がないという現実に突き当たることがあります。また、転職活動を続けていくうちに、現職の方が自分には合っているもかもしれないと気付くケースもあります。転職活動の時期を在職中にすることで、転職戦線から離脱するという選択肢を持つことができるのもメリットです。

退職後に転職活動をするメリット

次に、退職後に転職活動を行うメリットを確認します。

時間が自由になる

仕事を持ったままでは、自由に転職活動を行う時間を作りにくいものです。その点を考えれば、誰にも拘束されない退職後の転職活動は、好結果をもたらす期待もできます。

スキルアップを目指せる

単純に転職活動をするだけでなく、勤務中にはできなかった資格取得のための勉強など、将来設計にかかわるスキルアップのために時間を使うことができます。

周囲への気配りが不要

転職活動そのものを知られないように気を配る必要がありません。また、職場の人間関係などで追い詰められていた場合や、ブラック企業のような勤務状態だった場合には、退職し心身をリフレッシュしてからの方が、効果的な転職活動が可能です。

両方のデメリットを考える

在職中の転職活動のデメリット

転職活動の時期を在職中とした場合のデメリットを確認します。

思うように時間が取れない

まず、仕事をしているため、転職活動の時間を思うように取れないことが多々あります。一般的な企業であれば、現職も応募する先も同じような活動時間帯となるため、面接を受けるのもひと苦労です。

そのため、有給休暇を使ったり、営業マンであれば客先への訪問時間をやり繰りしたりします。求人する側の企業でも、土日や夜間の面接を実施するなど、在職中の応募者への配慮をしているところがあります。しかし、まだまだ一般的とはいえません。

職場に発覚するおそれがある

転職活動をしていると、電話のやり取りや書類などから周囲に知られる可能性があります。万一、職場に知られてしまったら、立場が悪くなる可能性が大です。居心地も悪くなり、有形無形のマイナスを生じかねません。

危機感の欠如

職があるという安心感は、ときに危機感の欠如につながります。たとえば、転職活動で嫌なことがあった場合などで、転職する目的を忘れて、現状に流されるケースです。こういったケースでは、中途半端な気持ちで在職しつづけることになりかねません。

退職後の転職活動のデメリット

最後に、退職後の転職活動のデメリットを確認します。

生活基盤の安定を欠く

転職活動の時期を退職後とした場合、毎月の収入が途絶えることが最大のデメリットといえます。一生にわたって困らない程度の資産があれば別ですが、生活不安を抱えての転職活動は困難なケースもあります。少なくとも、ある程度は余裕を持てるだけの貯蓄が必要です。

無職の状態が当たり前になる

結果が出ない日々が続くことで、無職の状態が当たり前になる危険があります。また、無職の長期化は、焦って下手な転職をするリスクと、転職できなくても仕方がないという諦めのリスクを生み出す可能性があるため要注意です。

それぞれのメリットとデメリットは、すべての人に発生するわけではありません。その中で、自分のケースではどうだろうかと真剣に考えることが必要です。それによって、在職中と退職後、どちらが転職活動を行う時期として妥当なのかが見えてくるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る