転職後に辛いと感じる時期はいつ?気持ちをラクにするコツも紹介

転職後に辛いと感じる時期はいつ?気持ちをラクにするコツも紹介

96view

2018.09.12

転職後に辛いと感じる時期(とき)はいつ?

人間関係の構築が難しいと感じたとき

転職後、日がまもないと人間関係を構築することが難しい場合があります。「従業員同士でグループができ上がっている」、「ほとんどの従業員がベテラン」だと輪の中に入ることができず孤独感を感じるケースも。

そのため、人間関係の構築中に気が滅入り転職後に辛いと感じてしまうのです。普段から集団行動をしたことがなかったり、自分から人と話すことが苦手だったりすると余計辛さが増すでしょう。

転職先企業の業務に慣れるまでの間

転職後、業務に慣れるまでの間辛いと感じる場合もあります。例えば「前職では経理として活躍できていたのに、転職後の企業では会計システムの使い方が違い、業務を進めにくい」、「営業成績を上げられない」などです。

仕事をしていて、上手くいかないことが多いほど「転職しなければ良かった」と感じることも多いでしょう。ただ、転職後の業務に慣れてしまえば辛い気持ちは減るようです。

自身のスキルが通用しないとき

スキルが通用しないときも、転職後に辛いと感じやすいでしょう。「簿記のスキルを持っているのに会計業務がスムーズに進まない」、「コンピューターの技術を持っているのに、エンジニアとして活躍できない」などです。

その場合、自信をなくしてしまい気が滅入ります。特に、転職前に「〇〇のスキルを持っているから、転職先でも活躍できる」と自信をもって転職した人ほど、このパターンに陥りやすいでしょう。

残業が続いて、家に帰るのが遅くなるとき

転職先企業で、残業が続いて自宅へ帰るのが遅くなったときに辛いと感じる人もいます。なかには、転職後は定時退社しようと思っていたにもかかわらず、見事に予想が外れどん底な気持ちになる人も。理想とギャップのズレを感じるほど、辛いと思う気持ちが大きくなるのです。特に、疲れを溜めている人に多く見られます。休養をしっかりとらないと、憂鬱な状態になりやすいでしょう。

気持ちをラクにする方法

仕事について考える時間を減らす

仕事について、なるべく考えないようにしましょう。「起床時、通勤時、帰宅時、就寝時」など仕事をしていない時間は、業務のことを考えるのは控えるということです。それを意識することで、仕事に関わっている(考えている)時間が減るため、転職後に辛いと思う気持ちも減るはずです。

ただ、なかには仕事のことを考えてしまう人もいるでしょう。その場合は、視界に仕事道具が入らないようにしてください。例えば「ビジネスバッグ、書類、仕事着」などです。これらが視界からなくなれば仕事について考えない習慣をつくれるはず。ぜひ、リラックスできる時間を1秒でも多くつくり、プライベートを楽しんでみてください。

楽しめる趣味を増やす

仕事時間外に楽しめる趣味をつくるのも大事です。インドア派の人であれば「読書」、「カフェ巡り」、「テレビゲーム」。アウトドア派の人であれば「サバイバルゲーム」、「キャンプ」、「ジョギング」などが良いでしょう。特に、運動系の趣味はおすすめです。

なぜなら、脳内から「セロトニン」と呼ばれる幸せを感じる物質が分泌され幸福度を感じやすくなるからです。ただ、暑い時期などを中心に脱水症状にならないよう気を付けてください。なかには、重症化する人もいるため無理せず運動をしましょう。

仕事に生かせるスキルを勉強する

仕事で生かせるスキルを勉強するのも一つの手です。今までと比べ高度な知識を覚えると仕事がスムーズにいき、転職後に感じていた辛い気持ちが抑制される可能性があります。今では、スマホのアプリを利用して勉強できるケースもあるので、帰宅途中の習慣にしてみてはどうでしょうか?きっと、頭の体操になってタメになりますよ。

他従業員から褒められることをたくさん行う

社内の人から、たくさん褒められることを行うのも良いでしょう。例えば「さりげなくコーヒーを奢る」、「社内の掃除を自ら進んで行う」などです。いくら、会社で辛いことがあっても社内の人から「ありがとう」、「助かるよ」と言ってもらえるだけで、自身のモチベーションも上がりやすいはず。

その結果、転職後の辛さが吹き飛ぶかもしれません。人から恨まれるのではなく、褒められることを目指し行動してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る