転職は準備段階が重要!現在の仕事を辞める時期を考えよう

転職は準備段階が重要!現在の仕事を辞める時期を考えよう

53view

2018.09.12

転職活動は準備がとても重要!やっておきたい準備とは

(1)自己分析

転職活動を行うときにとても重要なのが自己分析です。自分の武器を確認したうえで転職活動を行うとスムーズに転職が行えます。転職サイトを使う場合でも、エントリー段階で自己分析ができている方が次に繋がりやすいです。

  • 今までの仕事はどんなものだったか、現在のスキル
  • どんな条件の会社に転職したいのか
  • 転職先の企業で現在のスキルが役立つのか

中途採用を行う企業は、ある程度のスキルや仕事をする能力のある人材を求めていることが多いです。自分の強みを企業に伝えることができるようになるため、自己分析はとても重要です。履歴書や面接のときに自分の強みを聞かれることが多いですが、うまく伝えられないと履歴書や面接を何度も繰り返すことになります。面接官にアピールできる強みを見つけ出しておくことも大切です。

(2)情報収集

転職を考えたときに、志望する条件に当てはまる企業がどんなものがあるのかを事前に調べることがとても大切です。見切り発車で転職活動をしてしまうと、情報収集不足によって妥協した企業に就職してしまうというケースも少なくありません。

年収、福利厚生、手当、立地、年間休日など、自分が企業を選ぶときに見る項目以外にも、「どういった人を募集しているのか」というのをよく調べるようにしましょう。求められている人材に自分がマッチングしているのかを確認することもとても重要です。

また、どういった人を募集しているのかを調べておくことでスムーズに面接を行うことが可能です。採用動向について調べておくことで、どのくらいの人数が入社できているのかを調べることで、転職率をアップさせることも可能です。

貯金を用意すること

転職活動にはお金がかかります。新しいスーツ、交通費など多くの費用がかかるからこそ、転職する場合は貯金を用意してから行うようにしましょう。金銭面に不安があると、交通費に影響したり、身だしなみが乱れてしまったりして面接のときに悪影響を与えることもあります。

転職活動には30万円以上の貯金を用意しておくとよいと言われていますが、退職してから転職活動を行う場合は日々の生活費も必要になるのでもう少し多めに貯金するようにしましょう。

事前準備をしないとどうなるの?

事前準備をしておくことがとても大切ですが、準備をしないと転職にかかる期間が長引くことが多いです。一般的には転職活動には3カ月かかると言われてますが、その中でも1カ月で転職をしてしまう人もいます。長くかかる人は半年や1年かかる人もいます。

早めに転職ができる人は、しっかりと事前準備をして、企業や自分のことをしっかりと調べていたからこそ時間短縮につながったのです。また、金銭面に余裕がない状態で転職活動をすると、目先の金銭につられて希望していた業種や条件ではないところに就職してしまうケースが増えてしまいます。事前準備は行うようにしましょう。

仕事はいつ辞めるべき?退職時期について

退職時期はとても重要

現在勤めている会社を退職してから転職活動する場合と、在職したまま転職活動を行う場合があります。病気や人間関係など何か問題がある場合以外は、基本的には在職したまま転職活動を行うのがおすすめです。理由は、退職してしまうと収入が減ってしまうため、生活費などは貯金で賄う必要があります。

貯金には限りがあるので、早く就職先を見つけなければと焦ると却ってよくない企業に転職してしまうこともあるので、退職時期は検討するようにしましょう。

一番多いのは働きながらの転職

キャリアアップなどを狙っていく場合は、働きながら転職を行っている人が多いようです。現在の仕事からブランクがない状態で転職ができたほうが、募集をかけている企業も採用しやすいというメリットがあります。しかし、その場合は退職時期と転職時期を相談する必要があるので、注意しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る