この時期は避けるべき?転職に悪い時期があるって本当?

この時期は避けるべき?転職に悪い時期があるって本当?

42view

2018.09.12

転職を成功させるために必要なこと

転職の成功には計画性が大切になる

転職を考えた時に重要になってくるのが、転職活動のスケジュール作成です。計画性がない転職活動は、ゴールが分からない迷路のようなもの。運が良ければ、早くゴールできるかもしれませんが、下手をすれば長い間迷ってしまう可能性があるからです。

そこで、まずは転職活動をどのように行っていくのかが重要になってきます。

下調べにどの程度の時間をかけるのか?
自分のキャリアの棚卸にどれぐらいの時間をかけるのか?
その他にも、履歴書の作成といった準備の期間が必要です。

準備が整えば、実際に転職活動を行う活動期間。そして、最期には退社と入社期間があります。それぞれの期間をどの程度に設定するのか?それによって、日々の行動は変わってきます。ここで、大切になるポイントがあります。それが、最初にゴールを明確にしておくということ。つまり、実際の転職活動期間をどこに設定するのか?という部分が大切になってくるのです。

そこで、気になってくるのが転職活動を行う時に避けた方がいい時期があるのか?という点です。

求人情報をチェックしておく

転職活動をするのに避けた方がいい時期があるのか?この答えを知るためには、求人情報のチェックが欠かせません。

求人情報を見ることによって、ある傾向が見えるようになります。1年間の中で多くの求人情報がある時と、逆に求人情報が少ない時期があるのです。多くの求人情報がある時期というのは、多くの企業が人材を確保しようとしているということ。逆に、求人情報が少ない時期というのは、積極的に人材の確保に動いていないということなのです。

当然、転職活動を行うのであれば、企業が人材の確保に動きだしている時に行うべきです。
では、具体的に企業が人材の確保に積極的な時期と、積極的でない時期とはいつなのでしょうか?次章では、その点を紹介していきたいと思います。

転職に向いている時期・向いていない時期

成功する転職の時期と避けるべき時期

求人情報が最も多い時期。それが2月から3月の間です。この期間というのは、企業が新年度の始まる4月入社を意識して、求人の更新を行うことが多くなっています。そのため、条件面での見直しを行っている場合もありますし、企業自体も積極的な人材確保を考えているので、転職活動を行う時期としては、最も適しているのです。

また、第二候補としては8月から9月の期間。この期間も、求人情報が多くなる傾向があります。
では、逆に転職活動に向いていない時期というのはいつなのでしょう?

それが4月以降です。企業は新年度が始まる4月までに人材の確保を終えています。そのため、4月以降には一気に求人が少なくなるのです。

また、12月から1月の間も求人は一気に少なくなります。年末年始はどこの企業も忙しいもの。そのため、人事に割く時間も人も足りなくなります。このような企業が忙しい時期に転職活動を行っても、成功する可能性は低くなるでしょう。

転職活動時期を定めて準備をする

転職活動を成功させるためには、スケジュール作成が大切になってきます。そして、スケジュール作成のためには、明確なゴールを設定しておく必要があるのです。そこで、上記で紹介した転職に向いている時期に活動を行えるようにスケジュールを作成する必要があります。

転職に有利な時期と不利な時期を把握して、それによって活動する期間を決める。そこを決めてしまえば、後はそこを目標にスケジュールを組んでいくだけです。

実際に、転職活動する時期を決めてしまえば、準備にどの程度の時間をかけられるのかが見えてきます。もし、準備が間に合わないと感じたのであれば、次の機会にずらすことによって、準備期間を多くとることができます。

通常、転職は何度も経験するものではありません。だからこそ、不利な時期を避け成功させることが大切になってくるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る