転職にあたって健康診断を受診する時期と内容について

転職にあたって健康診断を受診する時期と内容について

40view

2018.09.12

健康診断の書面を求められる理由

健康診断を実施する義務は会社にある

転職活動をしていると、内定後に渡される入社に必要な書類の項目に健康診断書が含まれていることがあります。一般に、会社員であれば年に一回、定期健康診断を会社の経費で受けていますが、実は、入社の時点でも健康診断をする義務が会社にはあるのです。

その根拠となるのが、労働安全衛生規則の第43条で、条文には以下のように書かれています。
「事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。」次の項目がどのようなものかは後述します。

健康診断実施義務の例外

それでは、健康診断書を提出しても、入社時に健康診断を受けるのであれば無駄なことになるのではないかと思うところです。しかし、そこにはちゃんとした理由があります。同条の但し書きがそれです。

「ただし、医師による健康診断を受けた後、3ヶ月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。」

つまり、入社する人が必要な項目について3ヶ月以内に実施した健康診断の書面を提出した場合、会社側は健康診断を実施する必要がなくなるのです。定期採用や定期健康診断はともかく、中途入社の転職者について健康診断を実施することは、会社にとって避けたい負担ともいえます。健康診断書の提出を求められる背景には、こうした事情があります。

※内定前に求められる場合は、法的な義務とは関係なく、選考の参考資料となるものである可能性があります。

入社時の健康診断項目

同条に規定されている健康診断の項目の概要は以下のとおりです。

  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査(1,000ヘルツ及び4,000ヘルツの音)
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 血色素量及び赤血球数、GOT、GPT、γ-GTP、LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライドの量、血糖といった血液検査
  • 糖とたんぱくの尿検査
  • 心電図検査

これらの項目の中で、抜けているものがあれば要件を満たさなくなります。健康診断を受けるときは、入社時の検査であることを医療機関にしっかりと伝えることです。

健康診断を受ける時期と注意点

法的には入社の3ヶ月前から

すでに述べたように、法的には入社前の3ヶ月以内に受けた健康診断であることが求められています。ただ、一般的に転職活動を行う期間は3ヶ月から半年程度と言われているように、3ヶ月後に入社すると断定することは無理なケースが多いでしょう。

もちろん、一日も早く内定を得るための活動を行い、入社日を想定することはできます。しかし、健康診断まで想定を前提に早く受けてしまうのは考えものです。もし、予定通り内定を得ることができずに、入社までに3ヶ月が経過してしまったら、せっかくの健康診断書が無駄になってしまうばかりか、再度、手間と費用をかけて受診する必要が生じます。

しかも、内定した会社が健康診断書を求めてくるとは限りません。入社時に会社が受診させるケースもあるためです。結論としては、会社からの指示を待って、提出日に遅れないように受診すべきだと言えます。

ちなみに、費用については会社が負担すべきとの解釈がなされていますが、そうなっていない会社もあるようです。入社時に確認するものよいでしょう。

入社のために別途受ける

人によっては、入社まで3ヶ月を切ったタイミングで、別の理由により健康診断を受けたり各種検査を受けたりすることもあるでしょう。その結果の書面を会社に提出すれば、余分な費用も手間もかからずに済むと考えても不思議はありません。

しかし、入社時の健康診断には、前述のとおり必要な項目が定められています。他の理由で受けた検査結果を流用した場合、項目の過不足があるかもしれません。もし、不足していれば、その項目の検査を受ける必要が生じます。そうすると書面が不揃いになります。

また、不足したまま提出した場合、会社にしてみれば、最初の段階でマイナス評価を下したくなります。さらに、会社によっては他の項目についても検査を指示することがあります。
こうしたことから、入社時の健康診断は、それだけのために指示を受けてから実施すべきでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る