計画性が重要な転職!履歴書を書く時期はいつがいいのか?

計画性が重要な転職!履歴書を書く時期はいつがいいのか?

44view

2018.09.12

転職活動のスケジュールを作成する

転職を考えたなら

会社に対する不満や将来に対する不安、これらの理由によって転職を考えるようになった人もいるでしょう。しかし、すぐに会社を辞めるという選択肢は辞めた方が身のためです。なぜならば、転職活動は思いのほか難しいからです。

せっかく転職したのに、不満や不安の解消につながらないことや、場合によっては悪化するケースもあります。そうならないためには、転職を成功させる必要があるのです。

では、転職を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか?その一つが転職活動のスケジュール作成にあります。何事も計画が大切です。転職で後悔しないためにも、しっかりと計画を立てて成功へと進んでいかなければいけません。

スケジュールの重要性

スケジュールを作成することによって、いま何をするべきなのかが明確に見えるようになってきます。また、スケジュールを立てることによって、いつまでにするのかという期間も見えるようになってきます。そのため、現在の自分が順調に転職活動を進めていけているのかという、現在地点の確認をすることもできます。

もし、思うように進んでいないのであれば、その原因を探り、解決策を考えることもできます。これは、ゴールが見えていなければできません。明確なゴールの設定こそが、転職を成功させるためには必要なことなのです。

明確なゴールをイメージするためには、転職を考えるようになった原因も大切になってきます。転職の成功とは、現在の不満や不安の解消にあるからです。原因を明確にして、転職活動のスケジュールを立てましょう。

スケジュール作成の方法

3つの期間に分けて考える

転職のスケジュール作成は、以下のような方法で行います。
まず、転職を考えることになった原因を洗い出します。その中で優先順位をつけていき、譲れない部分が何かを明確にしておきます。これは、新しい就職先を探す際に重要なポイントとなるので、しっかりと考える必要があります。また、再就職にあたっての調査なども必要となるでしょう。

更には、魅力的な履歴書の作成も必要です。これらの期間を準備期間と位置付けます。どの程度の期間を準備期間に充てるのかも重要なポイントです。

準備が整えば、応募や面接といった行動を起こす期間があります。この期間にしっかり行動すると決めることで、余計なことを考えることがなくなります。行動の期間だと認識することで、その他の予定をスケジュールから締め出せる効果もあります。

最後の期間が、退社や入社の準備期間となります。以上の3つの期間を基準にしてスケジュール作成を行っていきます。

履歴書はプレゼン資料

上記の3つの期間で、最も重要なのが準備期間です。そのため、かかる時間も一番多くなるはずです。特に、履歴書の作成はしっかりと行うようにしましょう。

履歴書は、あなたと企業をつなぐ最初のきっかけだからです。履歴書を見て好印象を持ってもらうということは、それだけで有利に働きます。見た人が会ってみたいと思えるような履歴書が求められるのです。書類選考があれば、履歴書だけで判断されます。

そこを通過するためには、通過するだけの履歴書が必要です。ありきたりな履歴書で終わらないようにするために、あなたが持っている武器をしっかりとアピールして下さい。

履歴書は、あなたという商品を紹介するプレゼン資料なのです。見た人が、思わず欲しいと思うようなものでなくてはいけません。だからといって、全てを書く必要はありません。履歴書に記入できるスペースは限られています。あまりにも、文字が多過ぎる履歴書というのは、見る側からすると見にくく感じるでしょう。

そうならないためには、簡潔にまとめる必要があります。自分の一番の強みは何か?売り込むポイントはどこか?それらを把握して、読み手が興味を持つ履歴書こそが大切になってくるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る