転職時期で有利になるのはいつ?活動時期が大事な理由とは?

転職時期で有利になるのはいつ?活動時期が大事な理由とは?

39view

2018.09.12

転職時期で有利になる時期はいつ?

人によって有利になる時期は違う

転職時期で有利になる時期は、人によって異なります。はじめに、その理由を紹介します。

転職時期によって求められる人材は違う

転職時期によって求められる時期は違います。仮に、2018年3月に経理職採用を希望する人に求める内容が「簿記の知識を持っている人」だとしても、2018年10月になったら「会計システムを使える人」が良いと求める人物像が変更されているケースもあるということです。なぜ、こんなことが起こるかというと空いているポジションが時期によって違うからです。

簿記の知識を持っている人材が少なければ、簿記の知識がある人材を採用側は望むでしょう。しかし、簿記の知識を知っている人が多く会計システムに詳しい人がいなければ、会計システムを扱ったことがある人を欲しくなるのは当然のことです。結果、求人数が多いからといって、転職が有利になるとは限らないのです。

景気によっても、求められる人材は違う

景気によって求められる人材が違うことが理由になっているケースもあります。景気が良くて求人数が多ければ、勉強ができる人からユニークな人まで人事担当者はいろいろなタイプの人を採用したいと思うかもしれません。しかし、不景気になって求人数が減ると、採用人数をある程度絞らなければなりません。

そのため、いくら学歴が良くても「今年は〇〇のスキルを持っている人しか採用しない」と会社側で決定されると採用される確率も減るのです。

年齢によっても、求められる人材は違う

年齢が理由の場合もあります。例えば、A社にBさんとCさんが応募してきたとします。A社はどちらかを採用しなくてはなりません。BさんとCさんは、ともに仕事のスキル、性格、受け答えの仕方、回答までほとんど同じでした。しかし、Bさんの年齢は25歳、Cさんの年齢は45歳でした。その場合、A社に採用されるのはBさんの確率が高いでしょう。なぜなら、Bさんの方が若いからです。

A社からみると、Bさんにたいしては「25歳なのに仕事のスキルが高そうだな」と思う確率が高いでしょう。しかし、Cさんにたいしては「45歳だから、もっとスキルがあっても良いのでは?」と思ってしまうのです。つまり、年齢によって採用担当者の感じ方は違うということです。自分の年齢で採用してもらえる会社があるか考えたうえで、転職活動を始めましょう。

転職活動で内定をもらうために行うこと

転職の専門家に相談する

専門家の力を借りるのは大事です。やはり、転職未経験者の視線と専門家の視線は異なります。転職希望者が無料で専門家にサービスできる場所も多いため、大いに活用しましょう。なお、専門家がいる場所は主に2カ所あります。

ハローワークの担当者

ハローワークは、求人を紹介する場所なので転職の専門家はいます。地域によっては、模擬面接なども行っており、経験を積みたい人にピッタリ!ただし、時間帯によっては混雑していて待ち時間が発生することもあるので気を付けましょう。

転職エージェントの担当者

転職エージェントもおすすめです。会員登録すると、自分にマッチする求人を担当者が紹介してくれます。また、転職エージェントによっては面接指導、履歴書・職務経歴書の作成指導もしてくれるため役立つはず。ただ、未経験者向けの求人は少ないので気を付けてください。

自己分析

自己分析とは、自分が「どんな性格か、何が得意か」など、自分について分析することです。これをキッチリ行うことで、自分がどんな職業に就いたら良いか見えてきます。細かい部分まで、分析すると良いかもしれませんね。

業界について調べる

業界について調べるのも大事です。鉄鋼業の会社で働きたい場合であれば「国内の鉄鋼業は栄えているのか?」、「輸出・輸入どちらが多いか?」、「今後、鉄鋼業に必要な人材はどんな人か?」など、調べられることはたくさんあります。本もいろいろな種類が出版されています。書店や図書館で、ぜひ本を探してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る